女性はガードルやストッキングで

女性はガードルやストッキングで下半身が締め付けられ、月経用のナプキンなどを身に着けていれば、蒸れて性器の匂いがこもりがちになります。また、排卵日は臭いを感じやすくなるため、自分が放つ匂いが気かかる実例もあるようです。しかし、たとえ月経中や体調によって強烈な臭いに感じても短期間で治るので、いつものように清潔にしていれば自然と治るでしょう。

「腋からの臭い」と「体からの臭い」は取り間違えられることが多々ありますが、「わきガ」と汗からくる体臭は異なります。

「ワキからの香り=腋臭症」は誤謬です。ワキガ臭の発生には、 その人の体質自体が大きく関わっているので、気がかりであればひとまず、 本当にワキガに罹っているのか問診を受けることを勧めます。

わきにある「アポクリン腺」という 汗腺の活動量が多いのが、腋臭症体質の人が持つ特性です。

男性に指摘される前から自分の性器のニオイが気になり悩む女性はたくさんいます。

特に月経終わり間際の濃い色味の分泌物が付着する期間は生臭さを感じることも。日々の生活でも脱衣時に、鼻につきささるような悪臭を感じるようでしたら産婦人科の診断を受けにいくべきでしょう。 性器からの異臭に気づいた時は臭い対策に加えて、 普段の習慣も見直してみましょう。

発汗直後であれば汗は臭いません。

汗を放置しておくと臭いの原因になってしまします。汗が出るたびこまめに拭き取るように気を配りましょう。乾燥したタオルやハンカチよりもできれば硬く絞ったぬれタオルで拭き洗うのが最善の防臭方法です。匂いのある化粧水や、れもん水などを付けたタオルで拭き取れば、よりすっきりするでしょう。

デリケートな部位の匂いに悩みを抱える女性は多いですが、実のところ殆どが「思い込み」か「心配しすぎ」であり、服を着ているときに他人が感じるほどのニオイがするような人は、極稀だということです。 もとより、性器の周りから臭いがしないわけはないのです。老若男女、誰もが皆若干の臭いがあるのです。わきガ臭が生じるのを食い止める『すりリンゴ湿布』は、ガーゼ生地ですりおろしリンゴを包み、シップを貼る感覚で腋に当てる手間だけで簡単に効能を感じることが出来ますから、是非とも試してみて下さい。①リンゴ一個をよく洗い、皮つきのまま、まるごとすりおろす。

②果汁を出し切るように、すりおろした林檎をコットンなどでまとめて搾る。③水気を切ったリンゴをタオルで包み、両ワキに5分間当てる。

精神的な悩みやストレスによって、 人は「ワキからの臭いが気になって仕方ない」と過敏になることがあります。「本当のところ自分のワキは臭いのか?」「もしくは神経質になりすぎなのか?」その判断をするために、親友やパートナーに、においを確認してもらうとか、「私の脇のニオイは普通?」と尋ねてみましょう。それが出来ないのならば、皮膚科などで検診し、悩みを伝えてみてはいかがでしょうか? 珍しいケースですが、脇のにおい臭が性器周りから漂う「裾腋臭」体質に悩みを抱える人も稀に存在します。

ネバネバしたキャラメルタイプの耳垢を持つ人は「すそワキガ」である可能性が少なからずあります。

しかれども、この症状も脇のにおいと同様で、適切な療法により臭いを緩和できますから、ひとりで悩まずに 専門医に助言を求めにいきましょう。ニオイのもとは汗・皮脂・垢、そして雑菌です。

皮脂や汗は、分泌されたばかりではほぼ無臭ですが、放置することで皮膚で雑菌が増殖し、皮脂や脂に含まれる脂質や蛋白質、アミノ酸などの成分が反応しあい、嫌なにおいを発生させるのです。または、病気のせいで独特の臭いを放っている人もいます。肌を清潔にしているにも関わらず、異臭を感じる際は、病院へ行き、医師に相談するべきです。

日本人の10分の1がわきガ体質だといわれています。

人間の身体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2タイプの「汗腺」があります。

腋の下や乳頭、臍、陰部、肛門周り、外耳といった、身体の一部にのみが持つ「アポクリン腺」からでる汗には、糖類や脂質、アンモニアなどの要素が含有され、皮ふにある常在菌の繁殖しやすくなります。

下記の条件に多くあてはまる人はワキガ体質を疑うべきです。

腋が毛深く、女性ならば腋毛が剛毛。

衣類や下着を着た後、ワキの一部が黄ばみで汚れている。両親がわきガである。

または両親のどちらかの耳アカが湿っている。

ワキからは特に発汗する。

粘調気味の汗がでる。肉類や乳製品などをよく食べ、植物性よりも動物性タンパク質を多く摂っている。よく見るスプレー型の制汗剤は殆どが、 アポクリン腺の汗を緩和させる効能が無いものです。ワキガのにおいを防ぐには雑菌に強力に作用し、体に直に塗りつけるロールオンタイプやスティックタイプ、クリームタイプなどを購入すれば効きめがあります。忘れてはいけないのが、無臭や無香性の商品を選択することです。

ワキガ臭とデオドラント臭の香料が混ざると、周りにとっては嫌な臭いに発生することもあるからです。腋が臭った際は、薬店などでデオドラント用品を買えばいいですが、女陰部の臭気を気にしている女性は防ぐ方法が良くわからず、人知れず悩みます。

性交時に彼や旦那様に指示されでもしたらたしかにショックを受けますよね。もしも気になると教えられても落胆せず、肉類を控えた食事をするとか、 消臭効果を持つ石鹸やサプリを使用し改善していってください。