陰部のニオイについて心配を抱える女性が

陰部のニオイについて心配を抱える女性が沢山いますが、ただし、普段とは違う強い臭気のオリモノが付着したり、赤系統の色味がついたオリモノが出続けた時は、膣炎や性病をうつされているいることが場合があります。

早急に病院で 調べてもらいましょう。体臭、とりわけわきの臭い……。

「汗からの臭いに頭を抱えている」という人、結構多いのではないでしょうか?ちょっと汗をかいただけで「もしかして……」と不安になってしまうもの。実のところは思っているより臭わないのに悩みを抱えている人も少なからず存在します。でも、ほんとうに周囲の人に迷惑をかけていないのか、 嫌われるような悪臭がしていないかと、 臭いで悩んでいる人にとっては由々しき問題ですよね。

性器の周辺が無臭であるわけがありません。 性別や年齢を問わず、どんな人でも 少なからず匂いがあります。 またニオイには それぞれに個人差がでるのが普通です。

それを、「臭い」などと無思慮な一言で非難してくるような男性がいるとしたら、それは男性に知識が不足しているのです。

そのような知識は 間違ったものだと言えます。

「ワキガ」と体臭は混同されることも多いようですが、腋と体の汗、それぞれ臭いは異なります。「腋臭=ワキガ」ではなかったのです。ワキガ臭の原因は その人の体質との関連性が強い為、 思い悩んでいるならば、ひとまず、 本当にワキガに罹っているのか問診を受けることを勧めます。

「アポクリン腺」という脇にある 汗腺が活動的なのが、ワキガ体質とそうでない人の違いです。

デオドラント剤の効果的な使い方としては、 「部位毎に」「単発的な」使用を心掛けることです。

デオドラント剤の中には患部以外の汗腺も塞いでしまうものもあります。

ずっと広範囲を、塗りっぱなしにするのは良くないでしょう。

脇の臭いの他にも体臭の改善方法として、なによりもまず「清潔」を保つことが重要です。腋臭症の人はいつも清潔な素肌を意識し、黴菌が繁殖するのを阻止しましょう。

ワキにニオイがこもったり、まき散らしてしまうことを食い止めるために、わき毛を除毛するのもいいでしょう。

野菜中心で肉を節制した食事法もアポクリン腺の活性化を抑えます。

また、リンゴが持つ食物繊維には離出分泌腺にあるアポタンパクという物質の増殖を防ぐ効果を持ち、臭気のもとを減らす効き目があります。

臭いのもとと言えば、汗・皮脂・垢、そして雑菌です。 生み出された皮脂や汗は、分泌直後に臭いを感じることはありませんが、放置することで皮膚で雑菌が増殖し、皮脂や脂に含まれる脂質や蛋白質、アミノ酸などの成分が反応しあい、不快なニオイを発するようになるのです。また、病気が原因で特有の体臭を放つことがあります。

清潔な肌を意識していてもなお、体臭が鼻につくような時は、病院へ行き、医師に相談するべきです。

以下の項目にあてはまる物が多いほどワキガ体質の可能性が高いです。

腋の毛が多めで、女性の場合はワキ毛が濃い。

衣類や肌着を脱ぐとワキの部分に黄ばみが見つかる。

両親がワキガである。

また両親のどちらかの耳垢がウエットタイプである。他の部位よりわきの下からの発汗量が多い。粘性がある汗がでる。食生活は肉類や乳製品などの動物性蛋白質がバランスの大半を占める。

日本人の10分の1が脇のにおいを持っているといわれています。人間のカラダには「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2タイプの「汗腺」があります。

ワキの付け根や乳首、ヘソ、股部、尻の周辺、耳の穴などの、肉体の一部分に限って存在する「アポクリン腺」から湧き出る汗には、糖や脂質、アンモニアといった成分が含まれ、皮膚の常在菌が温床地となります。

ワキガになる理由として、 汗と混ざったバイ菌です。

脇は毎日必ず洗って下さい。朝の身だしなみ前と、夜のバスタイムに、体臭に効き目をもつ石鹸で洗うとますます効果がでます。

はだ着は発汗・吸水・乾燥などの性能が良い綿素材が最適です。

通気性をよくするために締め上げるようなインナーの使用は気を付けましょう。

女性器のにおいに不安があるとき、膣を石鹸やビデで洗いすぎても効き目は表れません。

雑菌の侵入を防いで、膣を守っている常在菌まで殺してしまわないように、ごしごしとこするのではなく表層のみを優しく石鹸の泡で洗い、ぬるま湯でザーッと洗い流すようにしましょう。

素材も綿や絹などの、通気性が出来るだけ良い下着を使用し、月経期間中はなるべくナプキンを取り換えるようにしましょう。女性はガードルやストッキングでおなか周りを締め付けがちになり、月経用のナプキンなどを身に着けていれば、通気の悪さのせいで陰部に香りがたまりがちです。

また、排卵期などには嗅覚が敏感になるため、自身の香りが気になるケースもあるようです。

しかし、もしも月経中やコンディションによって匂いが僅かに濃くなったとしてもすぐに終わる生理現象であり、普段と同じように洗っていれば大丈夫です。

わきの臭いは遺伝と大きく関係し、二親のうちどちらかがわきガなら5割、両親ともワキガを持つ場合は7.5割で子どももワキガになると考えられています。

もしくは、両腋ではなく一方だけという人もいます。

一般的に、臭いの原因は生理活性物質とされ思春期あたりから強くなっていくようです。

わきガの人は、アソコノの臭いや足のニオイなども 気になる方が多いようです。