メンタル的に苦しんでいると、

メンタル的に苦しんでいると、 人は「ワキからの臭いが気になって仕方ない」と過敏になることがあります。「本当のところ自分のワキは臭いのか?」「それとも過敏になっているだけか?」その答えをだす為に、親友やパートナーに、においを確認してもらうとか、「私の脇のニオイは普通?」と尋ねてみましょう。それが出来ないのならば、皮膚科などで検診し、悩みを打ち明けると良いでしょう。

より有効なデオドラント剤の使用方法は、 「一部のみに」「さっと」使用することをとどめておくということです。

デオドラント剤の中には広範囲に渡り汗腺を塞いでしまうものもあります。

広範囲に長時間、塗ったまま放置するのは反って逆効果です。

ワキの臭いは勿論のこと体臭の防止策には、なによりも「清潔」を保つことが大切です。性器周りが無臭な人はいないでしょう。

性別や年齢に関係なく、どんな人でも 多少のニオイがあります。

さらに匂いは さまざまで各自で差がでるのが自然です。それを、「くさい」という心ない一言で ダメ出しするような彼氏だとしたら、それは彼のほうが浅学です。

そのような認識は 間違っていると言わざるをえません。

腋臭症は遺伝する場合があり、両親のうち片一方が腋臭症の場合50%、両親ともワキガの場合は75%の確率で子どもにも体質が受け継がれるとされます。また、両わきではなくても片側限定でワキガの場合もあります。臭いは通常ホルモンとの関係で思春期終盤からより強く発するようになるようです。

脇のにおいの人は、アソコノの臭いや足のニオイなども 不安に感じることもあるようです。「腋臭症」と体臭は同じだと思われることも多いようですが、「腋臭症」と多汗の臭いはそれぞれ違います。

「脇の臭い=ワキガ」という認識は間違っています。腋臭のきっかけは、 その人の体質との繋がりが強いので、引っ掛かるなら、とりあえず、本当に脇のにおいかどうかをチェックすることが大切です。 「アポクリン腺」という脇の下の 汗腺が盛んに活動するのが、腋臭症を持つの人の体質です。

脇のにおいを持つ人は日常的に素肌の清潔さを気にかけるようにし、黴菌が繁殖するのを阻止しましょう。わきに香りが閉じこもったり、広まったりすることを止めるために、腋毛を剃るのもお勧めです。肉類を節制し食生活を野菜中心にするのもアポクリン腺の活性化を防止します。さらに、リンゴに含有される繊維質は離出分泌腺にあるアポタンパクという物質の増殖を防ぐ効果を持ち、臭いの発生原因を減らす効能があります。よく見るスプレー型の制汗剤は殆どが、 アポクリン腺から出る汗を軽減させる効能はありません。

ワキガの臭い対策には強い消毒作用をもち、わきにダイレクトに塗りこめるロールオンやスティック、クリームといった状態の製品を使うと効きめがあります。

臭いの無い製品を選ぶことも重要です。わきガ臭と制汗剤の香りが合わさった際、周りにとってはますます不快な臭いに感じられることもあるからです。

以下の項目に心当たりが多い人はワキガ体質の可能性が高いです。 腋の毛が厚く、女性であればワキ毛が剛毛。衣類や肌着を脱ぐとワキの部分に黄ばみが見つかる。両親がわきガを持っている。または両親のどちらかの耳アカが湿っている。

わきの下に汗をかきやすい。粘調気味の汗がでる。

食事では肉類や乳製品の動物性蛋白質がバランスの大半を占める。

女性は下着を重ね着する為股部が締め上げられ易く、生理ナプキンを使うと蒸れてデリケートゾーンのニオイがこもることがあるでしょう。

それに加え、排卵期などには嗅覚が鋭くなるので、自身の香りが気になるケースもあるようです。しかし、仮に月経中や健康状態によって強烈な臭いに感じても一時的なものであり、普段どおりの清潔さを心がければ解消されます。腋臭の漏れを抑止する『すりりんごシップ』は、擦った林檎を木綿布でまとめ、湿布を貼るときと同様に腋に当てる手間だけですぐに効果が表れますから、試すことを勧めます。

①リンゴ一個をよく洗い、皮つきのまま、まるごとすりおろす。②すりおろしたリンゴをガーゼなどで包み、果汁を絞る。③水気を切ったリンゴをタオルで包み、両ワキに5分間当てる。

滅多にいませんが、性器から脇のにおいの臭いが放たれる「外陰部臭症」に罹る人も稀にいるのです。ねばねばしたキャラメル状の耳垢が出る人は「外陰部臭症」である可能性が考えられます。

しかし、こちらの体質はわきガと同じで適切な治療を受けることで 臭いを緩和できますから、孤独に苦悩せずに病院に助言を求めにいきましょう。

汗・皮脂・垢、そして雑菌がきっかけで体臭が生じます。

皮脂や汗といった分泌物は、出てすぐは概ね無臭ですが、そのままにしておくと皮膚が菌の温床となり、皮脂や脂内の脂質やたんぱく質、アミノ酸といった要素が化学反応をおこし、不愉快な臭いを生み出しているのです。また、病気が原因で特有の体臭を放つことがあります。

肌を清潔にしているにも関わらず、体臭が鼻につくような時は、専門医のアドバイスを貰いに行きましょう。

ストレスを感じやすい無秩序な生活リズム、 健康的でない食生活と運動不足。

普段タバコやお酒の量が多い生活をしていると、汗や皮脂の成分が変わりだし、塩分・糖分・肉類の多い食生活が、体臭が臭くなると言われています。

肉やチョコレート菓子など、動物性たんぱく質や脂肪の多い食品を控え、体質改善を目指した食生活を摂るようにするとよいでしょう。